×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国もバックアップ オール電化で補助金が出る!

光熱費(こうねつひ)の基本(きほん)使用量(しようりょう)が節約(せつやく)できたり、お得(おとく)な電気(でんき)料金(りょうきん)プランを利用(りよう)できたり。何かと(なにかと)お財布(おさいふ)にやさしいオール電化(でんか)ですが、さらに、オール電化(でんか)に切り替える(きりかえる)ことで補助金(ほじょきん)がもらえるってご存知(ごぞんじ)ですか?正確(せいかく)に言う(いう)と、オール電化(でんか)を導入(どうにゅう)するとではなく、給湯(きゅうとう)システムをエコキュートに切り替える(きりかえる)と補助金(ほじょきん)がもらえます。どこが、なぜ、補助金(ほじょきん)を出し(だし)てくれるのでしょうか?まず、どこが、ですが、経済産業省(けいざいさんぎょうしょう)という国家(こっか)機関(きかん)が取り仕切っ(とりしきっ)て、国(くに)が補助金(ほじょきん)を出し(だし)てくれます。国(くに)が補助金(ほじょきん)を出し(だし)てまでバックアップしてくれるにはそれなりのわけがあります。エコキュートが、環境(かんきょう)に配慮(はいりょ)された地球(ちきゅう)に優しい(やさしい)給湯(きゅうとう)システムだ、と国(くに)が認め(みとめ)ているからです。エコキューとは、空気(くうき)の熱(ねつ)をうまく利用(りよう)してお湯(おゆ)を沸かす(わかす)画期的(かっきてき)なシステムです。電気(でんき)だけでお湯(おゆ)を沸かす(わかす)ときに比べ(くらべ)て、電力量(でんりょくりょう)は3分(ふん)の1。これが地球(ちきゅう)に優しい(やさしい)理由(りゆう)その1です。給湯(きゅうとう)システムには、熱(ねつ)を水(みず)に伝える(つたえる)役目(やくめ)をする「冷媒(れいばい)」が必要(ひつよう)となります。冷媒(れいばい)はそれまでフロンが主流(しゅりゅう)でしたが、エコキュートでは二酸化(にさんか)炭素(たんそ)を冷媒(れいばい)として使用(しよう)しています。フロンはオゾン層(おぞんそう)を破壊(はかい)する物質(ぶっしつ)として有名(ゆうめい)ですが、二酸化(にさんか)炭素(たんそ)はオゾン層(おぞんそう)の破壊(はかい)係数(けいすう)はゼロ。二酸化(にさんか)炭素(たんそ)と聞く(きく)と、地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)問題(もんだい)が気になり(きになり)ますが、フロンは二酸化(にさんか)炭素(たんそ)に比べ(くらべ)1500倍以上(ばいいじょう)も地球(ちきゅう)温暖化(おんだんか)力(ちから)があるのです。冷媒(れいばい)を二酸化(にさんか)炭素(たんそ)にしている、という点(てん)が、地球(ちきゅう)に優しい(やさしい)理由(りゆう)その2です。以上(いじょう)の理由(りゆう)で国(くに)から補助金(ほじょきん)をいただけるのですね。この補助金(ほじょきん)、エコキュートを設置(せっち)する方(ほう)を対象(たいしょう)にしているのですが、設置前(せっちまえ)に申請(しんせい)をしておかないと補助(ほじょ)が受け(うけ)られなくなってしまうので要注意(ようちゅうい)。それともう一点(いってん)。平成(へいせい)19年度(ねんど)の第(だい)4期(き)募集(ぼしゅう)期間(きかん)がまもなく締切り(しめきり)を迎え(むかえ)てしまうんです。締切り(しめきり)は平成(へいせい)20年(ねん)の1月(1がつ)15日(にち)。オール電化(でんか)への切り替え(きりかえ)をご検討(ごけんとう)されている方(ほう)は、補助金(ほじょきん)について電力(でんりょく)会社(がいしゃ)等(など)へ問い合わせ(といあわせ)てみたほうが良い(よい)かもしれません。コラーゲンを多く含んだ化粧品は特にスキンケア化粧品に多く、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック…など、コラーゲンが含まれているのが普通なくらいに普及しています。

オール電化

光熱費の基本使用量が節約できたり、お得な電気料金プランを利用できたり。

オール電化